タンスの引き出しを本棚にリメイク

  • 2018.08.31
  • DIY
タンスの引き出しを本棚にリメイク

子どものために使っていたベビーダンスがありました。
元は祖母が使っていたものを譲り受けた、かなりの年代物。
子どもも大きくなってきたし、そろそろ潮時でしょう。

全体的に黄ばんでるし、子どもは好き勝手にシールを貼ってなんか汚いし……。
よし、じゃあ粗大ゴミで捨てるか。

いや、待てよ。この引き出し、中に棚板を入れたら本棚になるのでは……?
どうせ捨てるつもりだったんだから、失敗したらそのまま捨てればいいだけのこと。
引き出しの大きさを測ってみたら、ちょうど文庫本が2段入ると判明。

よし、やってみるか! と決意しました。

まずはホームセンターに行き、ペンキとハケを買ってくる。
ハケは100円くらいの安いもの。
ペンキは「半ツヤ・ホワイト」(容量:3畳分程度)を選びました。

それから棚板にする板も買う。
幅を測っておいて、ホームセンターでカットしてもらいました。

自宅の庭で新聞紙を敷き、引き出しをテキトーに塗ります 。

引き出しを2個、それから中に入れる棚板も。
しかし一度の塗りでは、かなりのムラが出ます。

ですので乾いたらもう一度塗る。
二度目の塗りも乾いたら、棚板を入れて釘で打つ。

いい感じになってきました。
本当はもっと丁寧に塗って、さらにニスも……と行きたいところですが
そんなにこだわることもないでしょう。
テキトーで行きます。

小さい引き出しも、1つ塗りました(こちらはベランダで作業)。こちらも真ん中に棚となる板を入れてます。

充分乾いたら、いざ設置。

設置する本棚の上に乗せて、ガンガンと釘で固定。
どうせ上に置いて見えませんので、仕上がりにはこだわりません。固定できたなと思えばそれでOK。

文庫本を入れてみる。
ちょうど2段。上等、上等。

追加棚同士も、接合金物でつなぎました。