乳幼児連れのパリ旅行6(2日め・散策〜夜のルーヴル)

ストレー 午前中に凱旋門とシャンゼリゼ通りを見た私たちは、昼食をすませた後、モントルゲイユ通りにあるパリ最古のパティスリー「ストレー」へ。創業1730年。日本で言うと暴れん坊将軍が現役だった頃である。  地図ではここにある。  パティスリーとはいえお菓子だけでなく、お惣菜も売られている。  この店の売りである「ババ・オー・ラム」を買うことにした。ラムシロップで限界までひたひたに漬け込んだ焼き菓子だ […]

乳幼児連れのパリ旅行5(2日め・凱旋門)

5月3日。前日の夜、アパルトマンの管理会社よりロストバゲージになっていたカバンが無事、発見されたと連絡があった。そして朝になり、届いた荷物を宿まで届けてくださった。日本人スタッフの方で、ついでにいろいろ質問することもできた。ああ、よかった……。 地下鉄に乗って凱旋門へ この日は朝から地下鉄に乗り、凱旋門(エトワール凱旋門)へ行く。切符自販機でカードを使おうとするが、うまく行かない。どこで間違ってい […]

乳幼児連れのパリ旅行4(1日め)

食料の買い出し 5月2日。アパルトマンに到着して荷物を置く。管理人の方から一通りの説明を受けた後、まずは食材の買い出しに行く。歩いて数百メートルのところに、日本にも進出しているパン屋さん「エリック・カイザー」があった。パリに来たわけでもあるし、とりあえずバゲットとクロワッサンを購入。  エリック・カイザーの場所はここ。  次いでその他諸々をチェーンスーパー「モノプリ(Monoprix)」で買い出し […]

乳幼児連れのパリ旅行3(1日め)

5月2日午前。ついにパリに着いた。フランスでは、空港からパリ市内までのタクシー料金は法令で定額となっている。シャルル・ド・ゴール空港からパリ市外中心部へは、ほぼまっすぐ南下する。そしてセーヌ川の右岸地区を選べば50ユーロ、左岸地区で55ユーロだ。右岸か左岸かというのは、西方向を基準に見ている。セーヌ川は東西に走っているから空港から見て手前(北側)が右岸で、川の向こう(南側)が左岸ということになる。 […]

乳幼児連れのパリ旅行2(出発)

5月1日の夜21時頃、関西国際空港に到着。GW中だけあって人がいっぱい。考えてみればハイシーズンに旅行するなんて経験がなく、「混雑している空港」を見るのは生まれて初めて。しかし下の子がタダで飛行機に乗れる、上の子はもう小学生だから幼稚園の頃ほど自由ではない。そういう諸々を組み合わせた結果、「GWに海外旅行」というおそろしい結論に収束してしまった。しかし! 妻が半年以上前から注意深く宿泊と飛行機をサ […]

乳幼児連れのパリ旅行1(準備)

NO IMAGE

さて、5月のゴールデンウィークにフランス・パリへ旅行に行ってきた。1才と6才の子ども連れ。ひとり旅、カップル、友人グループ、といったパリ旅行記はいろいろあると思うが、いろいろ不自由な子ども連れでの海外旅行はいろんな事前の準備が必要。せっかく得たものは共有しないともったいないと思い、記憶の限りここに残しておこうと思う。 航路・宿泊先など 飛行機はフィンランド航空(フィンエアー)にした。出発は5月2日 […]

1才児が情報戦をしかけてきた

NO IMAGE

もうすぐ2才になろうかという次男であるが、最近「主語+述語」で話すようになり、わりと会話が成立してきた。(たとえば以前は「お茶」だったのが、今は「お茶飲みたい」のように) で、彼がある要求を通そうと妻の顔をひっかいた。「ごめんなさい、って言いなさい」と諭すと、プイッと横を向いたり、その場を去ろうとしたり、あるいは自ら別の話題を話しかけてきたりする。他のことは返事する。つまり理解して嫌がっているので […]

就実大学(薬学・心理学)

今日は岡山、就実大学。薬学(培養ヒト細胞を用いた副作用発現メカニズム)と、心理学(行動免疫から見た視覚的質感の研究)についてヒアリング。話が面白くて、「ここはいい大学だな」と思ってしまう。校舎も綺麗だった。 ただ学食おじさんとしては、ちょっと不満が残った。女子向けなのである。 広くてスッキリしていて、メニューもカフェ風。しかしテーブル間をシャレオツに空けすぎて数が足りておらず、押し寄せる学生たちを […]

無防備に危険地帯を歩いていた頃

サンフランシスコ中心部のバーガーキング、衝撃的な貧困さ https://medium.com/@tks/サンフランシスコ中心部のバーガーキング-衝撃的な貧困さ-d632024dda07 10年以上前、こことはちょっと離れてるがロサンゼルスの安ホテルに泊まった。仕事ということで、着くまでどこにあるホテルなのか知らなかった。荷物を置いてから1人で外出して「どの建物も鉄格子が多いな」とか「中心部のはずな […]

1日2万字のノルマ

NO IMAGE

「今月中に」と言われた原稿があって、帰国してから本気出すとか思ってたら、1日2万字ずつ休みなく書かないと絶対間に合わないスケジュールになってたことに気づいた。 他の仕事も何かとあるので、ノルマはどんどん押されている。最初は「まあいけるやろ」と思って関係ない文章なんかもヘラヘラ書いていたのだが(この文章そのものがそれだが)、だんだん「ぶち殺すぞ……ゴミめらが……!」みたいなことを空中に向かってつぶや […]

1 2 53