「ワニワニパニック」を作る

NO IMAGE

先日書いていた【バンダイナムコ完全強力「ワニワニパニック」が付録に】だが、いろいろ事情があってずっと置きっぱなしになっていたのだが、ようやく子どもたちと一緒に作った。 ただし残念なことに音声ユニットはなく、ワニワニパニックといえば代名詞ともいえるワニの声「イテッ!」「モー、オコッタゾー」は聞けない。それでも紙製の雑誌付録としては実によくできていると思う。

特急「ひのとり」に乗った

2020年3月14日に営業運転を開始した新型名阪特急「ひのとり」に乗ってきました。特別狙いすましたわけでもなく、特急券を買ったらたまたま「ひのとり」だったという感じです。新型コロナウイルスの影響か、全く混んではなかったです。 座ったのはレギュラーシートですが、通常の特急券よりは数百円割高でした。 座席は「バックシェルシート」という形式になっておりまして、リクライニングしても後ろの人に影響がありませ […]

妻よ、おまえは信玄か その2

NO IMAGE

去年のGWにパリに行っといてよかった、と言ってはなんだが。 なぜGWみたいな「お高い時期」に行けたと申せば、そこには妻の計略があったのである。というのも、妻は昨年の海外旅行について、2018年夏の段階から計画を練り始めていた。このとき、既に翌年(2019年)春にご譲位があり、平成の御代が改められることは決定していた。 そこで問題になるのが、2019年のゴールデンウィークはどうなるのか?である。この […]

妻よ、おまえは信玄か

NO IMAGE

今月下旬に家族旅行を予定していたが、目的地が軒並み臨時休業となるため中止した。 ただ、飛行機や宿は、春休みだからと早めに予約を済ませてあった。神戸空港からスカイマークに乗るぞと。しかしこれは、安い代わりに1人あたりのキャンセル料がチケット代の半額以上となる5000円という諸刃の刃でもあった。 そんな中での新型コロナ騒ぎである。休業、閉館、閉園では行く意味がない。今月初め、私は「ダメか〜、じゃあ忘れ […]

戦争は女の顔をしていない

『戦争は女の顔をしていない』 これはすごい本だ。衝撃だった。第2次大戦のソ連で、飛行士、狙撃兵、看護師、洗濯部隊、機関士などとして前線にいた女性たちの物語。 「わたしは、戦線に行ったときまだ小さかったの。だから戦争中に背が伸びた」 「私は夫を葬るんじゃありません。恋を葬るんです」 「幸せって何かって訊かれる。殺された人ばかりが横たわる中に、生きている人が見つかること」 作中の台詞 原作はウクライナ […]

徳島大学で光について聞く

今日は徳島大学でした。いやー、難しかった……。徳島大学は青色LEDでノーベル賞を獲った中村修二先生の出身校でもあり、光学研究では世界トップクラスのものがある大学です。 県は当然地方創生プロジェクトの中核にすえており、これに応えた大学も光学、機械科学、病理学、生化学、電気電子などを融合した産学連携の研究所をかまえ、次世代光源の開発と応用研究を進めているとのことです。 で、今回は「光機能ナノ材料の先端 […]

四條畷学園大学 〜栄光の学食第1位〜

今日は四條畷学園大学。例によって取材です。同学リハビリテーション学部の北川智美先生と西田斉二先生に、それぞれ理学療法と作業療法についてお話を聞く。 私学は2月になると学生食堂を閉店していることが多い中、ここはメニューを減らして営業していました。ありがたい。 普通、学生食堂というとおばさまが切り回しているのがほとんどですが、こちらは男性がひとり。それが、きちんとコックコートとコック帽を着用している! […]

ミラーセラピーについて聞く

兵庫医療大学で「ミラーセラピー」について話を聞いてきました。神戸の人工島ポートアイランドにあります。めちゃ綺麗なキャンパス。お話をいただいたのは、リハビリテーション学部の平上尚吾先生です。 脳に勘違いをさせる 近年、脳卒中のリハビリは「どんどん体を動かして脳を刺激する」のがセオリーとされます。動く刺激で神経シナプスの再構成を促そう、という考えです。先生は、関節可動域を増やす、抵抗をかける、日常動作 […]

広島型スポーツマネジメント学

NO IMAGE

成果物「広島型スポーツマネジメント学」。原稿の校正(文量の圧縮や内容の整理も含む)をご依頼いただきました。おかげさまで私、地方都市のスポーツ事情について結構詳しくなりました。 本書は、東洋カープ(野球)、サンフレッチェ(サッカー)、ドラゴンフライズ(バスケ)、JTサンダーズ(バレーボール)など、広島に根付いたプロスポーツマネジメントを論じており、「地域に密着しろ」と人は簡単に言いますけど、じゃあ何 […]

大阪成蹊大学

今日は大阪成蹊大学。2月は学食がお休みだそうです。 それはさておき、お話を伺ったのは経営学部教授の大島博文先生。以前は神戸市役所におられ、阪神淡路大震災のときに市の防災担当として災害対応・復旧・復興と奔走された方で、公共経営、都市政策、地域防災について聞きました。 これからの日本は人口減が避けられません(人口予測はもっとも「外れ」がないと言われる)。首都圏をのぞく国全体で人口が減少しており、社会や […]

1 56