イースタン・プロミス

イースタン・プロミス

ロンドンの病院に運びこまれる身元不明のロシア人少女。
少女は出産して息を引き取る。
助産師アンナは少女の日記を頼りに彼女の身元を割り出そうとするうち、
ロシアン・マフィアの運転手を務めるニコライと出会う、というお話。

ヨーロッパのやくざ映画と言おうか。
「ロンドン番外地」とか「ヨーロッパ残侠伝」とかつけるといいのかな。それじゃ観ないか。

全編、主人公ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)の男の魅力が爆発。
特にサウナでの全裸戦闘シーンは圧巻だった。
原始的な男の戦い。
派手な銃撃戦やアクションがあるわけではなく、
普段が淡々としているだけにそのひとつひとつが実に痛そうで、静と動の連続がとても良かった。

で、もうちょっと観たいと思わせるあたりでエンディング。すごくいい。