ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

ロンドン首都警察に勤める主人公は、あまりの有能さゆえ上司に疎まれ、田舎町サンドフォードに飛ばされる。

そこで待っていたのはやる気のない同僚たちと、どこかおかしい村の人々。
主人公は周囲となじめず浮いた存在となっていくが、次第に村の恐ろしい秘密が明らかに、というお話。

妙にスピーディな編集で、変わった作品だなーっと思って見てたら、これが意外にめちゃくちゃ面白い。
この2ヶ月で観てきた映画の中でも1、2を争う面白さだった。

緻密に組み立てられた脚本なのに、随所ですごくいい加減な描写があり、正しく「B級」という感じ。
後半の展開はまさに唖然。
しかし熱い。超燃える。
これ観てショットガンを撃ちたくならない男は、もうそんなの男じゃない(笑)。
日々を鬱々とすごす男子なら観るべき。

ただしDVDの作りがひどいです。字幕が声とずれる。
吹き替えも、音声がでかくなったり小さくなったりする。
著作権切れの1000円DVDでも、もっとマシな出来ではないか。