神戸大学の大学祭

神戸大学の大学祭

今日はの大学祭でした。

広い大学はいい。
そこらじゅうで好き勝手にやっててもうっとおしくない。
屋台は業務用テントで出店していて、普通のお祭りと変わりません。

ベンチ等にはビニールシートをかぶせて保護しつつ、中に各イベントのチラシをはさむなど、いちいち合理的なのもいいところ。
大きなステージではチャイナドレスやビキニ姿の男子学生が椅子取りやってたりします。その横ではブルーグラスやるバンドが演奏してて、その横では着物きたお嬢さんがお茶会やってる。

そのまた横ではビニールシートを使った巨大迷路の告知やってて、さらに進むとコーラスグループが歌ってる。
とっても、非常に、正しい「大学祭」でした。
中でも一番よかったのが、「西アフリカ部」による「アフリカ祭り」。
こういうジャンルで一緒に楽しめる仲間と出会えたというのが、すでにうらやましい。

ジェンベを叩いて、めちゃくちゃキレのいいダンスしてました。
こういうことは中途半端にやるとかっこわるいですからね。この人たちはかっこいいです。
それにしても、多くの人がこいつらの前を素通りするのが解せない。
こんなもんやってたら、見るだろ。普通。
それにしても踊ってる女性が社会人に出てOLになったりして、結婚して式をあげたりして、その時にスライドショーで「西アフリカ部で大活躍!」なんてナレーションされたりして、そのころにはそんな片鱗もない外見だったりするもんだから、「げげーっ、あの○○さんがあ?!」と、その場は大盛り上がりになるんだろうなあ、なんてことを思いながら見てました。
事情があって夜になっても学内にいたんですが、六甲台本館の窓ガラスがこんなことに。

きれいだなあ、どうなってんの?と思って校舎に入って裏にまわると、

こうなってました。