文章を書く7つの法則

文章を書く7つの法則

「文章を書くのが苦手」「何書けばいいのか分からない」
そんな人のために、簡単に始められるポイントを並べておきます。

3つ用意する

物事を書く時、どう掘り下げていくべきか。あなたがAという話題について書くとします。
では「A」に対し、読者があなたに尋ねそうな3つの質問を考えるのです。
例えば「私はお金が欲しい」と言いたいなら、

  • 私はなぜお金が欲しいのか。
  • お金を手にして、何がしたいのか。
  • どういう方法でお金を手に入れたいのか。

といったようにです。
3つあれば、読者は「充分に与えられた」と感じますし、4つめを感じ取ってくれることもあります。

また疑問を呈する場合は、そこに3つの選択肢を与えてください。
結論をまとめる場合も、よほど強力なインパクトがあれば1つでいいですが、そうでないなら3つに絞ってください。

手書きで下書きする

何か文章を書かなくてはいけないとき、「書けない人」はいきなりパソコンに向かってはいけません。
紙とペンを用意して、書く必要のあることを自由にメモしてください。
紙ですから、書式にこだわらず、箇条書きでもツリー構造でも図式化でも好きなように書けるでしょう。
また一見いらない情報でも、たくさん書いてみると、意外なつながりを発見できたりします。

第一稿を書き終えるまで何も調べない

小説でもエッセイでも、まずは書きたいことを最後まで書いてください。
よく分からない箇所は、空欄や適当なもので埋めておけばよいのです。
どうせ読み直しをするのですから。

推敲の段階で類語辞典や漢字辞典を調べるのはいいとしても、最初の原稿で調べる必要があるとすれば、それは「いらない文章」です。
なぜなら読者は、辞書を片手にあなたの文章を読むわけではないからです。

必ず推敲する

書いた文章は必ず、客観的な気分で読み返してください。いきなり完成原稿を書ける人はほとんどいません。
大抵の場合、いきなり書いた文章には不要な単語、もしくは説明不足な箇所があるものです。
説明不足はなかなか自分では気づけませんが、少なくとも不要なもの、文章のゴミは除去した方が良いです。
除去してみたら何も残らなかった……という場合、それは文章そのものが○○だったわけですが……。

自分でそれに気付くなんて大したものです。気にせず別のものを書いてみましょう。
「ラブレターは夜書くな」といいます。
それは「朝読み返してみると、大抵は頭を抱えるような内容になっている」からです。
だったら朝、書き直せば良いのです。
問題は推敲せず、夜の内にラブレターを送信なり投函なりしてしまうことです。

巧い人を模写する

世の中には、あなた好みの文章巧者がいるはずです。
その人の作品を、短いものでかまいませんから1から10まで「手書き」で書き写してみてください。
キーボードで打つと単なる作業になってしまうかもしれません。

私個人の好みですが、エッセイなら山本夏彦や向田邦子、短編小説なら芥川龍之介あたり。のたうちまわるような文体が好きなら、谷崎潤一郎、野坂昭如、町田康などがおすすめです。

ちゃんと根拠を調べる

先述の「調べるな」と矛盾するようですが、そうではありません。
推敲段階では、ちゃんと調べてください。

下手な人の文章にありがちなのが、だらだらしていて中身がないもの。
良い文章は一般的に「面白い」+「ためになる」ものです(どちらかが突出していれば片方だけでもよい)。

「面白い」とは何か。それは「読みやすく」「オリジナリティがある」ものです。
「ためになる」とは何か。それは「興味をひく話題」に「的確な情報が必要充分に入れてある」ものでしょう。

ところが情報がウソや推測にすぎないとすると、よほど「面白い」ものでないと通用しません。
ここまでで6つ書きましたが、「それができれば苦労しない!」という人は、以下の練習法を行ってみてください。

写真のキャプションを考える

まず何でもいいので、写真を1枚用意します。それを簡潔に説明する文章を考えてみてください。

書くことは以下の3つです(1で書いたように「3つ」です)。

  • その写真は、一体何を写しているか。
  • 写っているものは、どういう状況で撮影されたものか。
  • その写真から、どのような印象を受けたか。

これを短い文章で、いかにわかりやすく書けるかを考えるのです。
日記ブログなどでも、一番やりやすいのがこのパターンだと思います。
以上、簡単に並べてみました。
目標は常に高く!