レクイエム・フォー・ドリーム

NO IMAGE

これはいい映画。
ドラッグの恐ろしさを真正面から見せて、もちろんハッピーエンドになんてなりようのないお話。
もちろん最初は楽しい。うまく行く。
けれど楽な快感を求めて中毒になって、人生ろくでもなくなるよと教えてくれる作品です。

自分はもっと光り輝く、幸せな、すばらしい日々を送るはずだった、
そう思っていても現実はそうじゃない。
ひとついいことがあれば、ふたつくらい悩みがついてくる。
時には悩みだけ残っていいことは雲散霧消してる。

もう何も考えたくない、そんな風に思っていると、いいお薬が。
で、お薬はあなたの体から「悩み」というゴミを取り払ってくれます。
やった最高!って思ってたら、いつのまにか全身から腐臭が漂ってきて、自分自身がゴミになっていた。
もう捨てるしかないね。だからレクイエム。

観ていて落ち込む映画ですが、文部科学省推薦でいいと思う。