レストランケイ(Restaurant KEI)の話

レストランケイ(Restaurant KEI)の話

昨年5月、せっかくのパリ旅行なので一度はいい食事をしようと行ったのが、レストランケイ。この頃はミシュラン2つ星でした。
オペラ・ガルニエの近くにあります。
 

2020年1月にミシュラン3つ星を獲ったということで、既に予約殺到だそうです。ただ私が行った2019年5月でも、2〜3ヶ月前でないと予約が取れませんでした。今はどうなってるんでしょうか?

仏ミシュランで日本人初、小林圭さんが三つ星獲得
【1月28日 AFP】(更新、写真追加)日本人シェフ、小林圭(Kei Kobayashi)さん(42)がフランス・パリに構えるレストラン「ケイ(Kei)」が27日、格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」フランス版で日本人初となる三つ星を獲得した。

https://www.afpbb.com/articles/-/3265423

このときのお料理はこんな感じ。

なぜここに行ったかというと、とにかく「日本語が通じるパリの高級フレンチ」ということに尽きました。
実際、日本人ソムリエの方がいるんですがめちゃくちゃ気さく。かる〜い感じ(もちろん良い意味)で話しかけてくれます。ちょっとした頼み事するのも、そりゃその辺の普通のレストランなら頑張って、せめて英語でどうにかしてみようと思えるのですが、高級店となると店内は静かだし、どうしても気後れしてしまう。

そんなとき、ちょいと手を挙げて何を言っても「え?何だって?」みたいな反応をされないというのはすっごく嬉しいことですよ。

味は文句なしに美味しかったです。特に2枚目の写真は、かなり奇異な外見してますが、まぜまぜして食べるとアレッと驚く美味しさなんです。

最後にオーナーシェフの小林圭さんにもお出でいただき、記念写真を撮ってもらいました。

このたび3つ星ということで、たぶんお値段も跳ね上がってしまうでしょうし(ボッタくるという意味でなく、お客にどんどん来てもらえるということは、料理人としてさらにお金をかけて、いろんなチャレンジができるということ)、そもそもパリに何度も行けるわけではないので、もしかしたらあれが最初で最後だったのかなあ、と思います。

ともあれおめでとうございます。