出版

1/2ページ

『首都岡山』ついに完成

『首都岡山 〜新しい日本の形〜』(高嶋哲夫・著)がついに完成し、2月25日発売の運びとなりました。 2014年、『首都崩壊』(幻冬舎)という小説を書きました。日本政府が首都直下型地震によって遷都を決意する物語で、最終的に首都を岡山にしました。ほとんどの人が冗談と思うでしょう。でも本気で考えてみると、それほどおかしくないことに気付かされます。単に高校まで育った故郷という理由だけではありません。温暖で […]

小笠原流煎茶道の茶席

芦屋市民センターで「芦屋市制施行80周年記念いけばな展」が開催され、小笠原流煎茶道の茶席に家族で参加しました。https://www.ogasawararyuu.or.jp そろって良いお茶をいただきました。ありがとうございます。パンフレットの作成でお手伝いさせてもらいました。

WordからPDFで致命的エラー

NO IMAGE

インタビューから完全PDFでの入稿まで、全て自分ひとりで担当した某会の小冊子。簡易だったのでInDesignを使わず、Microsoft Word(Word for Mac 2019)でのPDF作成で入稿。印刷所から校正刷りが送られてきたので見てみたら……。 写真では分かりくいと思いますが、本来右のページは「見出し+本文」です。つまり本文がまるまる抜けていました。 しかし当方のMacで開いても、通 […]

クラウドファンディングへのリターン発送しました

幻冬舎にお邪魔し、クラウドファンディングに参加してくださった皆様へのリターンの発送作業を行いました。 まずは前日、事務所で同封のお手紙に一枚ずつサインをしていく。 そして翌日、幻冬舎さんの一室をお借りし、高嶋先生にはひたすら数百冊の『紅い砂』にサインをしてもらったわけです。 これらにお手紙を挟み込み、宛名と照合しながら封入して、クラウドファンディングへのご支援をいただいた皆さまへ発送。解散したのは […]

クラウドファンディング終了

高嶋さんのクラウドファンディングが昨日9月4日18:00で終了しました。結果はなんと達成率122%(直接のご寄付分を加えると140%)。誠にありがとうございました。 今回、運営会社への申請や審査までのやりとり、原稿作成、ウェブ作成、SNS運営、目標設定等をひとりで行っていたので、正解が分からずもがき苦しむような日々でした。「クラウドファンディング成功法」みたいな本やサイトはあれこれ読んだものの、読 […]

青山学院大学「スポーツアドミニストレーション論」

NO IMAGE

ASC叢書第2巻「スポーツアドミニストレーション論」。6月30日発売。青山学院大学経営学部で行われた寄付講座2年分をまとめたものです。 スポーツをビジネスサイドから支える各分野の専門家が深掘りし、現場ならではの理想と現実をおりまぜた骨太な話ばかりです。 正直な感想を言うと、やはりプロスポーツの王はアメリカであり、裾野に至るまでしっかりと生態系を作りあげてるんだなと。(これには「アメリカはスポーツ好 […]

広島型スポーツマネジメント学

NO IMAGE

「広島型スポーツマネジメント学」。おかげさまで私、地方都市のスポーツ事情について結構詳しくなりました。 本書は、東洋カープ(野球)、サンフレッチェ(サッカー)、ドラゴンフライズ(バスケ)、JTサンダーズ(バレーボール)など、広島に根付いたプロスポーツマネジメントを論じており、「地域に密着しろ」と人は簡単に言いますけど、じゃあ何をすればいいのよ?という疑問に具体的に答えてくれる本です。まず都市規模が […]

日本の大学制度改革

NO IMAGE

現在制作中のエルドリッヂ(Robert Eldridge)さんの本。昨日、原稿の前半部分を編集・構成したものを送付。現在、日本の大学の多くが採用しているセメスター制度(前期・後期の2学期制)を全く新しい「日本型のクォーター制度(3ヶ月ごとの4学期制)」にすることが日本の社会構造を変え、低迷する日本を再び世界のトップによみがえらせることにつながる、という内容です。  正直なところ最初(第1稿を読ませ […]

エルドリッヂさんのこと

今、出版計画的にはいくつか同時並行してはいるんですが、そのひとつとしてロバート・エルドリッヂさんと本を作ってます。  エルドリッヂさんと出会ったのは、大阪大学で准教授をしてらっしゃった頃で、五百籏頭眞先生の研究会だったかと記憶しています。その後、アメリカ海兵隊(III Marine Expeditionary Force)司令部で外交政策部次長をしてらっしゃったんですけれども、数年前から神戸に戻っ […]

福山市立大学と福山城(数学など)

今日は広島、福山市立大学。まずは「数学教育における数理認識」についてヒアリング。 ウチの子が今、公文で分数計算まで進んでるんですけど、そっちはバリバリ解けるのに、不意に平易な足し算が分からなくなったりして、頭の中でどういう理解になってるのかとても不思議だったんですが、ちょっと謎が解けた気がします。 来てよかった。 学食は普通。悪くない。面白いのは、帰りの福山駅だった。 福山城が駅の真横。こんなに迫 […]