雑記

1/14ページ

ゴリアテとタイガーモス号を組み立て

全長19.2cmタイガーモス号 みんな大好き『天空の城ラピュタ』に登場する、軍の飛行戦艦「ゴリアテ」と、ドーラ一家の空中海賊船「タイガーモス号」のプラモデルを買った。タイガーモス号の方は2016年に発売されたものだが、ゴリアテは2019年12月20日に出たばかりのモデルである。 「接着剤なしでも組み立て可能」とはうたってあるが、やはりあった方が良い。かなり細い部品が多く、少し動かしただけで外れるこ […]

日本が元寇に勝った理由

昔書いた内容の補足になりますが。最大の焦点は「なぜ元軍は、わざわざ台風が来ている洋上に留まったのか」です。神風で勝った、なんてことはありません。これは当時の現場を想像すればすぐに分かります。なぜ改めて書こうと思ったかは、以下の記事。 「元寇」はなぜ失敗した? 神風が日本を救ったのか、それとも元軍が愚かだったのか=中国 http://news.searchina.net/id/1685690?pag […]

作文とカウンセリングについて

NO IMAGE

最近、子どもたちの読解力が下がってるという話題がありました。PISAという学習度テストで、日本の子どもの「読解力」が8位から15位に急落したという話です。 「PISA読解力低下」は子どもたちからのSOS 日本の教育のために大人が気づくべきこと https://toyokeizai.net/articles/-/321532 ここで言う読解力というのはリーディング・リテラシーのことで、日本の子どもは […]

兵庫県警の防犯ポスター

NO IMAGE

兵庫県警の防犯ポスターというのがあって、バスや電車なんかで見る。   「お金を貸して」愛する息子の声でしたか?  そういう詐欺防止のものだが、そこに写る片岡愛之助の佇まいがコピーと合ってないこと甚だしい。ということで、神戸新聞の記事でのこの微妙な表情である。 片岡愛之助さん、妻紀香さん地元兵庫でポスターに 夫婦で防犯に一役https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/ […]

ぼおるぺん古事記、幽霊塔

先月買った本。まだ読む時間を作れてない。いつも「買った本はその日の内に読まないとダメだよ」と自ら言ってるにもかかわらず……。 『ぼおるぺん古事記』はこうの史代作。全3巻。古事記の原文書き下しのままでマンガ化した、かなり攻めてる作品である。 古事記原文は神話によくある「話が唐突に始まってすごいことを淡々とやって、唐突に終わる積み重ね」なので、神さま同士の感情がよく分からない。そこをこうのさんが見事に […]

隣国を「こらしめる」外交は有効なのか 〜外交の失敗による開戦へ〜

NO IMAGE

内閣改造だそうです。 内閣改造 ほぼ出そろう… 安倍政権“総仕上げ”顔ぶれ https://www.fnn.jp/posts/00423801CX/201909101816_CX_CX さて、パリ旅行については一休み。ここのところ、マスメディアは韓国の話でもちきりです。要するに「俺たちは韓国に怒ってるんだぞ」ということなのかなと思います。ただ私個人としては、現在の日本外交は「何が正しいのか分からな […]

1才児が情報戦をしかけてきた

NO IMAGE

もうすぐ2才になろうかという次男であるが、最近「主語+述語」で話すようになり、わりと会話が成立してきた。(たとえば以前は「お茶」だったのが、今は「お茶飲みたい」のように) で、彼がある要求を通そうと妻の顔をひっかいた。「ごめんなさい、って言いなさい」と諭すと、プイッと横を向いたり、その場を去ろうとしたり、あるいは自ら別の話題を話しかけてきたりする。他のことは返事する。つまり理解して嫌がっているので […]

無防備に危険地帯を歩いていた頃

サンフランシスコ中心部のバーガーキング、衝撃的な貧困さ https://medium.com/@tks/サンフランシスコ中心部のバーガーキング-衝撃的な貧困さ-d632024dda07 10年以上前、こことはちょっと離れてるがロサンゼルスの安ホテルに泊まった。仕事ということで、着くまでどこにあるホテルなのか知らなかった。荷物を置いてから1人で外出して「どの建物も鉄格子が多いな」とか「中心部のはずな […]

1日2万字のノルマ

NO IMAGE

「今月中に」と言われた原稿があって、帰国してから本気出すとか思ってたら、1日2万字ずつ休みなく書かないと絶対間に合わないスケジュールになってたことに気づいた。 他の仕事も何かとあるので、ノルマはどんどん押されている。最初は「まあいけるやろ」と思って関係ない文章なんかもヘラヘラ書いていたのだが(この文章そのものがそれだが)、だんだん「ぶち殺すぞ……ゴミめらが……!」みたいなことを空中に向かってつぶや […]

1 14