雑記

1/13ページ

iPhoneと靴の修理

今日は打ち合わせの帰り、三ノ宮に寄った。以前T先生のスマホを機種変更した際、バッテリーが死んで動かなくなったiPhone6をもらったので修理しようと思ったのだった。 三宮高架下の「Jリペア」というお店で、費用は周辺店の半額くらい。 「少しお時間いただきま……いいや、今すぐやっちゃいましょう」とのことで、なぜかやってた作業を中断してすぐにこちらのiPhoneをカパッ。 内部を初めて見たので仕組みをい […]

昔のMacの話

写真は昔の職場で印刷会社。大学に戻る前で、20代前半の頃。まだ液晶モニターがなかった時代。画面手前左のPowerMacG4もたいがいだが、右はMacintosh Quadra。爆弾が出まくる(フリーズする)ので、作業時の左手は「command+S」を押しまくる役割だった。 また1つの仕事で100MBくらいのデータを10〜20個くらいは扱うのに、ハードディスクは4GBくらい。だからしょっちゅうデータ […]

会いたくない人に会うということ

僕は日常的に運のいい人間で「嫌な思いをする」ということがほとんどない。 しかしたまには気が重い仕事というのがあって、今日の打ち合わせがそれであった。 数日前から「ああ、もうすぐアレか……」と何度も溜息をつき、今日は午前中、そのことを考えないよう別の仕事に没頭し、家を出る寸前には妻に愚痴りまくっていたのである。 で、件の人と打ち合わせをした。 すると気が重すぎたのか、はたまた次に持ち越すのが嫌だから […]

景気について

NO IMAGE

景況感、全地域で悪化=「後退局面入りの兆し」-帝国データ https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020500815&g=eco&fbclid=IwAR12Cea2pZqh6Ld3uBOy_s1CEwe5NrGBiqyCenK1LuCaIVsB85MsOCASS0w 時事通信 数値上、前回の景気後退局面は2008年。 まずその前提からまとめて […]

宮崎駿「ブラッカムの爆撃機」

ついに手に入れました。自分でもなぜだが分かりませんが、宮崎駿の関連本はネット書店で買わず、リアル書店・古書店で出会えた時に買う。 『ブラッカムの爆撃機』は、宮崎駿の書き下ろしカラー24頁漫画付きで、しかもオビ付き美品。最高。これと出会うのに何年かかったことか……。Amazonだったら一瞬なんですけど。

MonoMaxのふろくトートバッグ

ここのところ「少しかっちりした仕事用のトートバッグがあったらいいのだろか」とか思っていて、ちょうど書店でそういう付録の雑誌を見つけたので、テスト用というかどんなもんかな感で買ってみた。890円。 そしたら全然普通に使えるというか案外質が良かったというかこれでなんら支障がなく、もう新しいカバンの購買意欲は消えた。ありがとうモノマックス。この雑誌、初めて買いました。 ただ書店に行くとまだこの号を売って […]

就職活動の思い出

今日は南森町で取材。昔いた会社の最寄駅であり、駅前の交差点にあったホテルで面接してもらったわけだが、そのホテルがどえらく綺麗になってて吃驚。20年くらい経ってるし当たり前か。 就職氷河期だった当時、面接の最後で社長に「どうしてウチに応募したの?」と聞かれた。志望理由は最初に話してるわけで、私を含んで並んだ5人は「えっ?」と固まった。順番に答えていって私は最後。社長は先述の志望理由と大して変わらない […]

日本人俳優は「演技」しない方が良い

NO IMAGE

■日本の役者の演技が酷すぎる。日本のドラマや映画に出てくる役者は何故あんなに演技が下手なのだろうか。基本的に日本の役者は皆「\演技中です/」というマークを頭上に出っぱなしでセリフを喋っている。 https://anond.hatelabo.jp/20180821141938 このことについては、『シン・ゴジラ』を観たときにも書いた。 舞台で見る日本人俳優は下手に見えないが、邦画で見る日本人俳優は大 […]

聞き間違い

NO IMAGE

仕事してたら、電話が鳴った。 〈私、アフタヌーンティーの○○と申します〉   アフタヌーンティーって、ティールームやったり雑貨売ったりの、あのアフタヌーンティーだろう。 なんでそんな店が私の電話番号を?   自分が店に行ったとすれば、神戸大丸の中にある店舗だろうか。しかし半年以上は行ってないはず。   「はい」 〈近藤様でいらっしゃいますでしょうか?〉 「そうです」 〈はい。そうなんですね。このた […]

エセ募金活動

NO IMAGE

JR三ノ宮駅前で信号待ちしてたら、募金箱抱えたおっさんが目の前にやってきた。「○○くんの肝臓移植に、募金をお願いします」 おっさんは左手に透明なパスタケースみたいなものを抱え、そこにお金を入れて欲しいという。 右手には、その○○くんについての説明書きを掲げているが、字が小さすぎて目をこらしても全然読めない。 普通はそんなのいちいち読まずに寄付するのかもしれないし、私だって普段だったら読もうとは思わ […]

1 13