雑記

1/13ページ

1才児が情報戦をしかけてきた

NO IMAGE

もうすぐ2才になろうかという次男であるが、最近「主語+述語」で話すようになり、わりと会話が成立してきた。(たとえば以前は「お茶」だったのが、今は「お茶飲みたい」のように) で、彼がある要求を通そうと妻の顔をひっかいた。「ごめんなさい、って言いなさい」と諭すと、プイッと横を向いたり、その場を去ろうとしたり、あるいは自ら別の話題を話しかけてきたりする。他のことは返事する。つまり理解して嫌がっているので […]

無防備に危険地帯を歩いていた頃

サンフランシスコ中心部のバーガーキング、衝撃的な貧困さ https://medium.com/@tks/サンフランシスコ中心部のバーガーキング-衝撃的な貧困さ-d632024dda07 10年以上前、こことはちょっと離れてるがロサンゼルスの安ホテルに泊まった。仕事ということで、着くまでどこにあるホテルなのか知らなかった。荷物を置いてから1人で外出して「どの建物も鉄格子が多いな」とか「中心部のはずな […]

1日2万字のノルマ

NO IMAGE

「今月中に」と言われた原稿があって、帰国してから本気出すとか思ってたら、1日2万字ずつ休みなく書かないと絶対間に合わないスケジュールになってたことに気づいた。 他の仕事も何かとあるので、ノルマはどんどん押されている。最初は「まあいけるやろ」と思って関係ない文章なんかもヘラヘラ書いていたのだが(この文章そのものがそれだが)、だんだん「ぶち殺すぞ……ゴミめらが……!」みたいなことを空中に向かってつぶや […]

iPhoneと靴の修理

今日は打ち合わせの帰り、三ノ宮に寄った。以前T先生のスマホを機種変更した際、バッテリーが死んで動かなくなったiPhone6をもらったので修理しようと思ったのだった。 三宮高架下の「Jリペア」というお店で、費用は周辺店の半額くらい。 「少しお時間いただきま……いいや、今すぐやっちゃいましょう」とのことで、なぜかやってた作業を中断してすぐにこちらのiPhoneをカパッ。 内部を初めて見たので仕組みをい […]

昔のMacの話

写真は昔の職場で印刷会社。大学に戻る前で、20代前半の頃。まだ液晶モニターがなかった時代。画面手前左のPowerMacG4もたいがいだが、右はMacintosh Quadra。爆弾が出まくる(フリーズする)ので、作業時の左手は「command+S」を押しまくる役割だった。 また1つの仕事で100MBくらいのデータを10〜20個くらいは扱うのに、ハードディスクは4GBくらい。だからしょっちゅうデータ […]

会いたくない人に会うということ

僕は日常的に運のいい人間で「嫌な思いをする」ということがほとんどない。 しかしたまには気が重い仕事というのがあって、今日の打ち合わせがそれであった。 数日前から「ああ、もうすぐアレか……」と何度も溜息をつき、今日は午前中、そのことを考えないよう別の仕事に没頭し、家を出る寸前には妻に愚痴りまくっていたのである。 で、件の人と打ち合わせをした。 すると気が重すぎたのか、はたまた次に持ち越すのが嫌だから […]

景気について

NO IMAGE

景況感、全地域で悪化=「後退局面入りの兆し」-帝国データ https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020500815&g=eco&fbclid=IwAR12Cea2pZqh6Ld3uBOy_s1CEwe5NrGBiqyCenK1LuCaIVsB85MsOCASS0w 時事通信 数値上、前回の景気後退局面は2008年。 まずその前提からまとめて […]

宮崎駿「ブラッカムの爆撃機」

ついに手に入れました。自分でもなぜだが分かりませんが、宮崎駿の関連本はネット書店で買わず、リアル書店・古書店で出会えた時に買う。 『ブラッカムの爆撃機』は、宮崎駿の書き下ろしカラー24頁漫画付きで、しかもオビ付き美品。最高。これと出会うのに何年かかったことか……。Amazonだったら一瞬なんですけど。

MonoMaxのふろくトートバッグ

ここのところ「少しかっちりした仕事用のトートバッグがあったらいいのだろか」とか思っていて、ちょうど書店でそういう付録の雑誌を見つけたので、テスト用というかどんなもんかな感で買ってみた。890円。 そしたら全然普通に使えるというか案外質が良かったというかこれでなんら支障がなく、もう新しいカバンの購買意欲は消えた。ありがとうモノマックス。この雑誌、初めて買いました。 ただ書店に行くとまだこの号を売って […]

就職活動の思い出

今日は南森町で取材。昔いた会社の最寄駅であり、駅前の交差点にあったホテルで面接してもらったわけだが、そのホテルがどえらく綺麗になってて吃驚。20年くらい経ってるし当たり前か。 就職氷河期だった当時、面接の最後で社長に「どうしてウチに応募したの?」と聞かれた。志望理由は最初に話してるわけで、私を含んで並んだ5人は「えっ?」と固まった。順番に答えていって私は最後。社長は先述の志望理由と大して変わらない […]

1 13