レビュー

1/14ページ

宮崎駿「ブラッカムの爆撃機」

ついに手に入れました。自分でもなぜだが分かりませんが、宮崎駿の関連本はネット書店で買わず、リアル書店・古書店で出会えた時に買う。 『ブラッカムの爆撃機』は、宮崎駿の書き下ろしカラー24頁漫画付きで、しかもオビ付き美品。最高。これと出会うのに何年かかったことか……。Amazonだったら一瞬なんですけど。

iPhone6→8の苦闘

NO IMAGE

ずいぶん以前より、T先生から「iPhoneが動かなくなってきた」と聞いていた。 iPhone6のバッテリーがへたってきたらしい。経年劣化状況を調べると「45%」。バッテリーの「充電状態」ではなく、「充電能力」が45%しかないということ。これはかなり異常。   とはいえ、ずっと「Wi-FiとBluetoothを使ってないのにオンのまま」「画面の輝度を常に100%」で使い続け、さらに最近はモバイルバッ […]

MonoMaxのふろくトートバッグ

ここのところ「少しかっちりした仕事用のトートバッグがあったらいいのだろか」とか思っていて、ちょうど書店でそういう付録の雑誌を見つけたので、テスト用というかどんなもんかな感で買ってみた。890円。 そしたら全然普通に使えるというか案外質が良かったというかこれでなんら支障がなく、もう新しいカバンの購買意欲は消えた。ありがとうモノマックス。この雑誌、初めて買いました。 ただ書店に行くとまだこの号を売って […]

MacBook Air(2018)購入

先々週だったか、8年ぶりにパソコンを新調。 いろいろ迷ったけど、結局同じMacBook Air。上が新型、下が旧型。ディスプレイサイズは同じでコンパクトになりました。 なぜAirにしたか これまでずっとMBAを使ってきて、次はMacBookProにするか、それともWindowsでもいいし、Surfaceなんかもいいかもしれないと迷いましたが、結局同じシリーズで。 基本は「いかにストレスなく文章が書 […]

UQ mobileに関するトラブル

携帯電話、auからUQ mobileにMNPで乗り換え。 一連の作業はWebではなく店舗で行いました。 それで帰宅したら、全然知らない番号が「Apple IDに関連付けられました」と表示される。これが噂の乗っ取りか?!と興奮したのだが、あるウェブサービスに登録したら認証コードをSMSで送るというにもかかわらず全く送られてこない。 おかしいぞと思ってよくよく調べたら、自分の電話番号が全然知らない番号 […]

学習としての「ローマの休日」

映画は映画として純粋に楽しむといいんですが、起承転結とか序破急といった、物語の「構造」を勉強するのにいい映画というのもあります。 そのひとつが「ローマの休日」。 脚本はドルトン・トランボ。 DVDでは修正されていますが、映画公開時のクレジットは「イアン・ハンター」でした。 当時アメリカでは、マッカーシーによる「レッドパージ(赤狩り)」という思想弾圧がありました。 要は「アメリカから共産主義者を追放 […]

古代ローマ旅行ガイド

先日買った中の一冊。 タイトル通り、2000年前のローマ帝国を旅行するためのガイドブック。 観光地のみどころ、宿の取り方、ショッピング、遠方への送金、地域の名物料理など。 一般的な旅行ガイドと同じく、巻末は「旅行中、よく使いそうな会話」をラテン語で一覧にしてくれているので、いつタイムスリップしても安心である。 最初に驚いたのは、やっぱり「遠方への送金」だ。 旅行にはお金が必要だが、当時は紙幣などな […]

100年前の写真で見る 世界の民族衣装

衣装を集めるだけなら今でもできるが、重要なのは「着こなせている」かどうか。今から100年前は1910年代。第一次世界大戦の前後(1914〜1917)。 この大戦は、チャーチルが言う「戦争からきらめきと魔術的な美がついに奪い取られた」戦いだった。 逆に言えば、大戦の始まりにはまだ「アレキサンダーやシーザー やナポレオンが兵士達と共に危険を分かち合い、馬で戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する」ような戦い […]

役に立たないが最高に面白い「トルコ料理」

妻がトルコ料理をやろうと図書館で検索し、名前だけで「ワールドクッキング・トルコ料理」という本を借りてきた。 ところが、いきなり冒頭から15ページにわたってトルコ民族の歴史について解説が始まり、続いて子ヤギの解体手順を懇切丁寧に4ページにわたってグラビアで紹介するなどの遊牧生活のレポート。さらにヒゲ男だらけのバザールの様子などが延々続き、ちっとも具体的な料理の話をしない(笑)。 実に丁寧な写真解説つ […]

日本人役者の演技について

NO IMAGE

日本のドラマや映画に出てくる役者は何故あんなに演技が下手なのだろうか。基本的に日本の役者は皆「\演技中です/」というマークを頭上に出っぱなしでセリフを喋っている。 日本の役者の演技が酷すぎる。 https://anond.hatelabo.jp/20180821141938 このことについては、『シン・ゴジラ』を観たときにも書いた。 舞台で見る日本人俳優は下手に見えないが、邦画で見る日本人俳優は大 […]

1 14