巨大施設

1/2ページ

乳幼児連れのパリ旅行16(5日め・サンシュルピス教会〜夜のエッフェル塔)

サン=シュルピス教会 進化史大陳列館から、そのままサン・シュルピス教会(Église Saint-Sulpice)へ歩く。  ここはパリで2番目に大きな教会(1番大きいのはノートルダム)で、トム・ハンクス主演の映画にもなった小説『ダ=ヴィンチ・コード』では「組織がキーストーンを隠した場所」として描かれている。入場料はいらない。自由に見学可能。 小説を読むと、サン=シュルピス教会のあたりは「人通りが […]

乳幼児連れのパリ旅行14(5日め・アンヴァリッド)

廃兵院 朝のエッフェル塔はあきらめ、私たちはシャン・ド・マルス公園で遊んだ。時間を無駄にしないためである。時間を無駄にせず遊ぶというのはなんだか不思議な語感があるが、遊びは常に真剣でなくてはならない。そして疲れ切った私たちはクレール通りでお茶をした後、少し道を戻ってシャン・ド・マルス公園に隣接するオテル・ド・アンヴァリッド(廃兵院、L’hôtel des Invalides)に向かった […]

乳幼児連れのパリ旅行13(5日め・朝のエッフェル塔周辺)

エッフェル塔に向かう 5日めの朝である。もう習慣化してきたが、アパルトマンから徒歩30秒のところに「Proxi」という小さなスーパーがあり、そこで食材を買って朝食をすませた。  この日は、エッフェル塔に登ってみる。最寄り駅からはC号線「シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅(Champs de Mars Tour Eiffel)」で降りる。  駅を出ると大きな塔がデーンと見えているので、そちら […]

乳幼児連れのパリ旅行11(4日め・ヴェルサイユ宮殿)

前回からの続き。ラスパイユから戻って朝食をすませると、朝9時すぎになっていた。この日はヴェルサイユ宮殿を見物に行く。 アパルトマンを出て西に歩いた。ヴェルサイユに行くため高速地下鉄に乗らなければならない。結構遠い。時刻表を調べると、路線の関係でアンヴァリッド駅から乗ると良いようだ。今回の旅はほんと、Google Map様々である。  オルセーをすぎると、ケードルセーという通りがある。  ここはフラ […]

乳幼児連れのパリ旅行9(3日め・セーヌ川)

前回の続き。サント・シャペルを観た後、適当にタクシーを拾ってセーヌ川沿いに西へ移動。目的地はアルマ橋のたもとにある「バトー・ムーシュ(Bateaux Mouches)」の乗り場だ。  ここからセーヌ川をゆく観光遊覧船に乗る。ベビーカーのままで乗船OK。私たちは乳幼児連れだから明るい時間に乗ったが、カップルの方々あるいは夫婦2人などであればディナークルーズがいいらしい。 バトームーシュから出る船は、 […]

乳幼児連れのパリ旅行8(3日め・サントシャペル)

3日め夕方。結局、オルセー美術館で朝から午後まで過ごしたわけだが、その後サント・シャペル(Sainte-Chapelle)に行くことにした。本当はノートルダム大聖堂を観たかったのだが、ちょうど旅行直前に起きた大火災で閉鎖されてしまっていた。 ノートルダム大聖堂の火災、朝までに鎮圧 尖塔と屋根が崩落2019年04月16日ノートルダム大聖堂の塔が落ちた瞬間、集まった人たちが息を呑んだフランス・パリ中心 […]

乳幼児連れのパリ旅行5(2日め・凱旋門)

5月3日。前日の夜、アパルトマンの管理会社よりロストバゲージになっていたカバンが無事、発見されたと連絡があった。そして朝になり、届いた荷物を宿まで届けてくださった。日本人スタッフの方で、ついでにいろいろ質問することもできた。ああ、よかった……。 地下鉄に乗って凱旋門へ この日は朝から地下鉄に乗り、凱旋門(エトワール凱旋門)へ行く。切符自販機でカードを使おうとするが、うまく行かない。どこで間違ってい […]

福井駅へ

今日は福井市でお打ち合わせ。福井には仕事で来たことはあった。しかしそれは敦賀であって福井駅は初めてであり、ここの改札で待ち合わせと言われたものの、福井県の福井駅というくらいで旗艦となる駅だろうから広いだろうと思い「目印とかありますか?」と事前に尋ねたら「小さい駅なのですぐわかりますよ……」と自虐的に言われてしまった。 で、ついたら大きな駅だった。もー。いや、すごく大きくて綺麗でびっくりしました。  […]

浜岡原子力発電所の内部を見学

NO IMAGE

御前崎の浜岡原発に行ってきました。体調は回復。原子炉建屋の燃料プールを眺めたりしつつ、高さ22メートルの防波壁(防潮堤)の頂上にも登らせてもらいました。砂上堤防と二重になっている防波壁、改良盛り土、陸側を囲む防火帯、潜水艦みたいな構造の建物。 地震にはこうだ、津波にはこれだ、外部火災にはこれで、竜巻にはこれだぞ、といった感じで思いつくかぎりの対策を施しているように見え、いろんな是非があるとはいえ日 […]

瑞浪超深地層研究所へ

地下500mの水 JR名古屋駅から北東に車で50分ほど。岐阜県瑞浪市の山あいに、日本原子力研究開発機構の瑞浪超深地層研究所がある。原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物を地下深くに埋める「地層処分」を研究する施設だ。 原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物を地下深くに埋める「地層処分」に向けた研究施設だ。地層処分は地下300mより深い地点と決まっている。そのため地下300mと500mの […]