乳幼児連れのパリ旅行10(4日め・ラスパイユ)

乳幼児連れのパリ旅行10(4日め・ラスパイユ)

4日め。
早朝、ラスパイユにあるビオマルシェ(Marché Raspail)へ。
このとき5月だが、気温は完全に冬。
 

早朝ほとんど人のいないサンジェルマン・デ・プレ通り

朝に限ってはコートが必須で、できればマフラーと手袋も欲しいくらいだった。道を行く人の中には耳当てをしている人もいた。
マルシェは左岸6区にある。
 

地下鉄12号線レンヌ駅の階段を上がった場所。市は朝7時から正午過ぎまで開いている(日曜日だけは朝9時かららしい)。
「ビオマルシェ」のビオとはBiologique(自然食品)のことで、つまりオーガニックを売りにしている市場という意味だ。
フランスで「Bio」を名乗るには厳しい認証基準があるらしいので、おそらくきちんとしているんでしょう。
 

小道にはソニア・リキエルの名が付けられている(Alee Sonia Rykiel)

市場は「ソニア・リキエル」と名付けられた小道にもうけられており、標識がスタート地点。そしてレンヌ駅に降りる地下への階段がゴール。
八百屋、魚屋、精肉店、パン屋、酒屋、惣菜屋などがずーっと並んでいる。
例えばサンドイッチとスープ、チーズなんかを買って、近くの公園で食べるというのもいいんじゃないかと思う。
 

寒いので暖かいガレットを食べ歩くことにする
八百屋。日本であまり見ない大胆な陳列ぱんは
パン屋。主人(奥の白髪の人)が渋い
ドライフルーツなど
ジャム屋さん
肉屋で丸鶏を焼いたものやハムなどを買う
食べてたガレットはこんな感じ

いっぱい買い込んで帰って、朝食に。
 

美味しくいただきました